2018 年 7月 19日 (木) 16:00--17:30

会場
東北大学 理学研究科合同A棟8階801室
発表者
藤江健太郎 氏(東京理科大学 理学部第一部)
題目
1次元準線形Keller-Segel系の臨界現象の非存在性
要旨
本発表では,1次元準線形放物・放物型Keller-Segel系の初期値境界値問題を考察する.特に,拡散項が臨界指数のべきをもつ場合を扱う .大域可解性・解の有界性を導くことで,臨界現象が起こらないことを示す.Cieslak-Laurencot (2010)で示唆されているKeller-Segel系 の新しいエネルギー評価の導出が鍵である.

「OS特別セミナー」
2018 年 7月 20日 (金) 16:00--

会場
東北大学 理学研究科合同A棟8階801室
発表者
佐川 侑司 氏(大阪大学)
題目
Lower bound estimate for the lifespan of small solutions to nonlinear Schrödinger equations
要旨
本発表では非線形シュレディンガー方程式の初期値問題の解のライフスパン(最大存在時間)について考察する。先行研究 において、解のライフスパンが初期値および非線形項の形状のみから決まる量で下から評価されることが知られている。しかし先行研究で は初期値や非線形項に条件が課せられており、扱える非線形項が限られていた。最近砂川秀明氏(大阪大学)と保田舜介氏との共同研究によ り、先行研究で課されていた条件を緩和することに成功した。本発表ではそのことについて話す。

「集中講義」
2018年7月24日(火),25日(水),26日(木),27日(金) 15:00 -- 18:00
(25日(水)は15:30 -- 18:30)

会場
東北大学 大学院理学研究科 川井ホール
講師
加藤 圭一 氏(東京理科大学)
講義題目
波束変換の基本的性質と偏微分方程式への応用
プログラム
詳細はこちらをご参照下さい.